ニクリーチで10社以上の人事に会って聞いたスカウトの秘密

こんにちは、とんです。

今回は19卒就活生の方に協力してもらって『ニクリーチ』というサービスを調査しました。

正直『ニクリーチって、こんなにオファーもらえるのか!』という印象です。

さっそく見ていきましょう。

ニクリーチを活用して60社以上からスカウトゲット?!

さて、今回調査してくれた人のメールを見たところ、ニクリーチを活用して60社以上のスカウトを獲得していました!

ニクリーチのスカウトとは?

スカウトとは、あなたのプロフィールを見た企業の採用担当者が、『ぜひお話ししたい!』『ランチ行きませんか』と言ってくれるお誘いのことです。

ニクリーチでは、学生はプロフィールを登録しておくだけで良くて、あとは企業側が勝手に見つけてくれるのを待つだけです。

さて、そのスカウトをたくさんもらっていた学生が『実際、採用担当の人って何を見てるねん?』っていう話を聞いてきてくれました!

そもそも論ですが、採用担当者が「ニクリーチで良いと思う学生」と「就活で良いと思う学生」この2つに大きな乖離はないはずです。

だって、そうじゃなかったら就活サービスとして成り立たないですよね?

ニクリーチが採用に役立たないなら、企業側はお金を払ってやる意味がないんです。

だからこそ、ニクリーチで良いと思ってくれた人事に話を聞けば、少しは就活で選ばれるコツが分かるんじゃないかと思ったんですね。

ニクリーチで連れて行ってもらえるお店

はい、まずはニクリーチって、どんなお店に連れていかれるねんって話ですね。

ニクリーチで選ばれたお店を3つくらい紹介すると、こんな感じです。

普通に食べログの評価3.5前後なので、そこそこ良いお店に連れていってくれてるんですね。

また、ランチスカウトより数は少ないですが、ディナースカウトというものも届きます。

このディナースカウトは、ニクリーチの中で最上級のスカウトのようですね。

企業様からあなた宛のディナースカウトが届きました。今すぐスカウトを確認しマッチングしてみましょう。

「ディナースカウト」はニクリーチにおいて最高峰のスカウトであり、企業様がゆっくりとディナーを食べながらお話をしたいという意思がある時のみ送られるスカウトです。

当然のことながら、ディナーは企業様が全額負担されます。遠方の方であれば、別途交通費や宿泊費などのご相談が可能なケースがございますので、企業様に別途お問い合わせください。

もし、あなたがご存知でない企業様だったとしても、会社や事業に賭ける志や考え方などを直接聞いてみることで、就職活動やその後の未来の大きな糧となるはずです。興味をもって、ディナーとともにぜひ一度お話を聞いてみてはいかがでしょうか。

まずはスカウトを確認してみましょう。就職活動はここから始まります!

このディナースカウトは、囲われるのが怖くていかなかったそうですがw

ニクリーチで人事に聞いた採用の話

ニクリーチのスカウトは何を見ているの?

ニクリーチでお会いした人事の方には「ニクリーチのプロフィールで、何を見ていますか」と聞いてもらいました。

何人もの人事にお聞きしたところ、みなさんが同じようなことを言われていたのでご紹介。

文系で総合職志望だと、以下のような部分が見られているようです。

  • 長期インターンの経験があるか(やはり長期インターンはポイントが高い)
  • 短期インターンに参加した企業や数(外資系は特に良い)
  • 短期インターンの結果(優勝やMVPなど)
  • 自分で考えて行動した経験、その結果(定量的だと尚良い)
  • 自分でビジネスをした経験(ブログやアフィリエイト、転売など)
  • プログラミングの学習歴(文系という枠に捉われない)

すごく端的に言うと、ちょっと変わった経験をしている人が好きそうな感じですね。

ニクリーチでも就活でも必須のインターン経験

さて、上で書いたようにインターン経験を見る人が多かったですね。

これは当然と言えば当然で、インターンに通過したということは、他社が良いと思った人材であるからなんですね。

何も実績がない人よりも他社が良いと思った人の方が、「当たり」の可能性があると思いませんか。

これは外銀とかの就活でもそうですが、他社が良いと思ったなら絶対に欲しいという物差しがあります。

『外銀に通っていると商社の就活で有利』なんて、たまに聞きますよね。ああいう感じです。

これが分かったら、短期インターンに参加するしかないですね。

インターンは経験がものを言うことも多いので、数打って当たったところに行き、実績を積みましょう。

優勝とかMVPとか、そういう目に見える結果が出ると良いですね。

インターンの実績がなくても大丈夫

インターンの実績がなくても、なんとなく興味を持ってやってみたら成果が出た、というエピソードもかなり良いようです。

アフィリエイトなどのネットビジネスやプログラミングなど、文系の大学生だったらポイントは高いとのこと。

プログラミングをしたことがない人は、Progateで基礎を学び、Udemyとかで動画の見よう見まねで何か作れば、それは語れる実績になりますよね。

他にも、Wordpressで簡単なブログを始めてみるとかは、全部で30時間くらいあれば、それなりのモノができます。

1日1時間やって、1ヶ月で周りと差を付けられるなら、お安いもんでしょう。

ニクリーチはESや面接の練習に活用できる

上にも書きましたが、ニクリーチで自分のプロフィールを書くと、企業側からスカウトが届きます。

これは、相手に文章で分かりやすく伝えるという点で、エントリーシートの練習に最高の教材だと思います。

真面目にやるなら、自分が書いたプロフィールが週に何個スカウトをもらえて、少し修正したら次の週はどうなったかなどを計測してみましょう。

このESを書いたり直したりを繰り返していく中で、スカウトはどんどん多くなっていったようです。

さらに、食事をしながらですが、社会人と話す経験も積めます。

社会人の思考や話し方を盗むこと、自分の考えを分かりやすく伝える訓練をすることで、面接の練習にもなりますよね。

普段社会人と話す機会がない大学生は、積極的にお話ししに行きましょう!

ニクリーチがオススメな就活生とは?

  • 普段、社会人と話すことがない就活生
  • ベンチャーやIT系の企業を志望している就活生
  • 企業の人事目線の話が聞きたい就活生
  • 将来的には起業したい就活生
  • とにかくタダでお肉が食べたい就活生
  • ESや面接に不安を抱えている就活生

はっきり言って、ニクリーチ、みんな使った方が良いと思います。

だって、ニクリーチを使うことで、就活にも役立つし、美味しいお肉も食べられるし、他の就活生と差を付けられるんですよ?使わない手はないですよね!

この記事を読んで、すぐ行動できる人は間違いなく就活を有利に進めることができます。

周りに差を付けたい人は、ぜひをニクリーチを使ってみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク