【20卒就活】OB訪問が必要な理由とOB訪問のやり方

こんにちは!今回は、就活のOB・OG訪問について書いていきます。

「OB・OG訪問はコネや人脈がないと無理」とか「OB・OG訪問なんて不要だ」と思っていませんか。

多くの就活生が、あれこれと理由をつけてOB・OG訪問をしません。

本当はやった方が良いのに、やっていないんですね。めんどくさいから。

この記事では、そんなOB・OG訪問をして、周りと差をつけたい就活生向けに書いています。

周りと差をつけて、良い就職先に入りたい就活生だけ見て下さいね!

20卒就活でOB・OG訪問が必要な理由

さて、そもそも何故OB・OG訪問が必要なのかという疑問があると思います。

それは、OB・OG訪問をすることで、その会社のリアルを知ることができるからです。

会社のリアルを知ると、自分の求めている会社かも分かりますし、内部の人のコネで内定に繋がりやすくなります。

大手商社で、OB・OG訪問をしまくって他のOB・OGを紹介してもらい続けて内定をもらったツワモノも居ます。

多くの人が面倒だと思うことをトコトンできる姿勢はやっぱり企業受けが良いんですね。

OB・OG訪問は、いつしなくてはいけないという期限はありません。

でも、早くから動いている就活生の方が魅力的に映りますよね?

また、OB訪問は相手と調整したりと時間がかかるので、早め早めから動き出す方が良いでしょう。

僕がOB訪問をオススメする理由は以下の2つです。

1. OB訪問で社会人と話すと情報が得られるから

実際にその会社で働く社会人と話すと、会社のことだけでなく、その業界や競合企業の情報を手に入れることができます。

自分の会社のことを語ってくれるのは当然ですが、業界についてなど、実際に働いてみて業界について感じていることは非常に参考になります。

もし話していて仲良くなったなら、合コンでモテるかなども聞くことができます。

仕事を始めとする社会人の生活を聞けるのは、なかなかない機会ですよね。

2. 内定に直結することがあるから

アプリで企業公認OBだった場合、その人はリクルーターである可能性があります。

そして、リクルーターに会うと、そのまま優先的な選考ルートに乗せてくれることがあります。

OB訪問をすることで、面接が1回分なくなることなどは往々にしてあります。

また、OBの紹介で選考に進めるので、予め相手に良い印象を持たれた状態から選考が受けられます。

これは「内定」にかなり近い状態からスタートできる裏技です。

そのときに活用するアプリが、ビズリーチ・キャンパスです。

詳しくは下で書きますが、OB・OGと繋がりがなくても、大学名だけで繋がることができます。

大手商社や日系の大手企業が多く導入しているので、これを使わない手はありません。

OB訪問のやり方

就活でのOB訪問先の探し方

数多くの就活生がOB・OGを探すときは、ゼミやサークルなどのつながりで先輩をあたることが多いと思います。

しかし、サークルに所属していない場合や、ゼミに所属していない場合、なかなかOB訪問先を探すのが困難になります。

そのような人脈がない大学生もOB訪問できるサービスを先ほど書きました。

それが、ビズリーチ・キャンパスです。

このサービスは、OB・OG訪問専門のサービスで、7,000人以上のOBやOGが登録しています。

OBやOGの多い大学の一例として、早稲田大学、慶應義塾大学、大阪大学、東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、名古屋大学、名古屋工業大学、九州大学、九州工業大学、東京理科大学、中央大学、青山学院大学、明治大学、法政大学、立命館大学、立教大学、同志社大学、神戸大学、上智大学、関西学院大学、北海道大学があります。

OB訪問をする際にすべきこと

OB訪問はスーツで行くのが普通です。

そして、OB訪問では具体的な仕事の内容や会社で活躍している人についての活きた話を聞くことができます。

OBと話すときは多少緊張するかもしれませんが、OB訪問をすることで面接対策にもなります。

OBからの質問に答えられるか、質問をさらに深堀すること、OB訪問での会話を振り返ることで自分の面接での話をブラッシュアップできます!

実際に無料でOB訪問できるなら沢山しておいた方が良いでしょう。

20卒も今から始めるべき?

結論から言えば、早く始めるべきです。

早ければ早いだけ「お!20卒なのに早くから動いていて意識高いね!」という評価がもらえます。

いつかは、どうせ動かなくてはいけないんです。

それなら、早くから動くことで周りと差を付けた方がオススメです。

どちらのサービスも無料で活用できるので、ビズリーチ・キャンパスなどを上手く利用して、ぜひ周りと早く差を付けて就活を成功させて下さいね!

ではでは!

_

スポンサーリンク
スポンサーリンク