20卒就活はいつから?就活の始め方と対策法を教えるよ

こんにちは、とん(@tonton__31)です。

20卒就活生の方は、就活をどれくらい始めていますか。

この記事を書いている今(2018年11月7日)もう20卒就活で内定をゲットしている人達がいます。

そんなスーパー20卒の就活体験談から、今回は20卒就活生に向けた「就活の基本とコツ」を今回は書いていきます!

20卒就活はもう始まっている

20卒就活の表向きの開始時期

表向きには、2020卒向けの就活は、『2019年3月から解禁』と言われています。

そして、2019年6月から選考開始という19卒の時と同じ、例年通りの就活スケジュールですよね。

ただ、上にも書いたように、すでに内定をゲットしている人もいるので、このスケジュールを鵜呑みにしてはいけません。

20卒就活生で内定を獲得した人達

すでに、外資系企業で内定を出している会社が複数あります。

他にもベンチャー企業でも、すでに内定が決まって、就活を終えている人もいるようです。

特に『外資系企業から内定をもらっている就活生は、日系大手の就活でも強い』ので、今内定を持っていない多くの就活生は、きちんと対策をしていく必要があります。

例えば、20卒就活生用の合同説明会やOB訪問など、今から始められることは多くあります。

では、表向きの就活開始の前に、20卒就活生は何をすれば良いのか、さっそく見ていきましょう。

20卒就活の始め方

就活は怖いものと思っている状態は危ない

20卒の学生の多くが話す内容に『就活が怖い・不安』というものがあります。

詳しく聞いてみると、『先輩が大変そうにしている』『どこからも内定もらえなかったらどうしよう』という悩みを抱えているようです。

実際に『就活は大変だった』という人と『就活は大変じゃなかった』という人に分かれます。

ここで参考にすべきなのは、後者の「就活が大変じゃなかった人の話」です。

日本人は苦労話を聞きたがるのですが、就活生へのアドバイスとしては、なぜその人は就活が余裕だったのかのポイントを探ると良いでしょう。

話を聞きながら、自分の就活に活かせるものはないか、ヒントを探すように話を聞きましょう。

20卒で就活が怖いのは無知だから

あなたは食パンを食べるのが怖いですか?

食パンなんて、アレルギーなどの特別な理由がなければ、怖くないですよね。

それと同じで、漠然とした不安や恐れは「無知」が原因です。

『就活はよく分からないし、大変っていう話だけはよく聞く…』という状態ではありませんか。

何も知らずに就活に飛び込むのが怖いのは当然です。

そのため、就活の始め方としては、就活について正しい知識を入れることからになります。

20卒就活対策

20卒の就活対策としてすべきことは大きく2つに分けられます。

  1. 自分のことを知ること(自己分析)
  2. 就活に関する知識や情報を収集すること

この2つが、20卒就活対策で大切です。

1.自分のことを知ること(自己分析)

就活の機会に、自分のことを知ること

就活の機会に、自己分析をしっかりすることは非常に大切です。

例えば、SHOWROOMの前田裕二さんは、就活の自己分析で30冊以上ノートを使ったらしいです。

前田裕二さんは、色々な企業から内定をもらって、最終的にはUBS証券に入社されているので、就活の勝ち組ですよね。

誰しもが自己分析に30冊以上ノートを書くべきという訳ではありませんが、多くの就活生が軽視しがちな「自己分析」を一生懸命やることが大切です。

就活では『好き』を基準に?

例えば「パンを好きな少年」がいたとします。彼はお米よりもパンが好きで、色々なパンに詳しいです。

では『好きなことで生きていく』『好きを仕事に』と言って、パン屋に就職するのはどうでしょうか。

ちょっと違うと思いませんか。

彼がパンを好きな理由を考えてみると『パンを食べる(消費する)のが好きなはずで、パンを作る(生産する)のが好きなわけではない』ですよね。

これは多くの『好き』に当てはまる落とし穴です。

パンを好きだからって、パン屋になるわけではないのです。

自分の『好き』が、消費する(パンを食べる)のが好きなのか、生産する(パンを作る)のが好きなのかは明確にしましょう。

「好き」と「嫌い」を明確に

好きなことを書きだすのが難しい人は、嫌いなことや嫌なことを考えるのがお勧めです。

例えば、理想の仕事を考えるのは難しいですが、嫌な仕事や社会人生活を考えるのは簡単です。

  • 遅くまで残業は嫌だ
  • 週2日は休みが良い
  • 夏も外回りは嫌だ
  • ずっとPCの前で作業するのは嫌だ

などなど、考えてみると浮かぶはずです。

自己分析のポイントは、必ずノートに書きだすことです。

頭だけではダメな理由として、考えることと記憶しておくことの両方をいっぺんに強いることになるからです。

頭を「考える」ことだけに使うために、記憶に留めるという部分は紙に書いて外だししましょう。

そして、できれば就活ノートを1冊作って自分の好きや嫌いを書き出すようにしましょう。

2.就活に関する知識や情報を収集すること

20卒就活のインプット方法はさまざま

知識や情報をインプットする方法は、Webサイトや本など色々ありますよね。

おすすめのWebサイトは、ES100集をはじめとした質の良い就活情報を提供しているこのサイトです。

おすすめの就活対策本については、20卒向けに書いたこの記事も参考にしてみてくださいね!

【20卒就活】就活対策にオススメの本10冊をご紹介!

2018.01.05

20卒就活におすすめの情報収集法

僕はWebや本からのインプットも非常に重要だとは思いますが、それ以上に、実際に働いている人の声が大切だと考えています。

上にも書いたように「自分の好きなこと」と「仕事として好きなこと」は違います。

そのため『仕事としてどうなのか』という部分の知識がないと、実際にその企業で働くイメージが持てないんですよね。

そして『仕事としてどうなのか』という部分は、中に入ってみないと分かりません。

20卒就活生は社会人と沢山会うべし!

では、何をすれば良いのかというと『中に入っている人に沢山会いましょう!』ということです。

20卒は19卒の就活生とは違い、まだ本格的な就活開始までは時間があります。

そこで僕がお勧めしたいのは、業界問わず多くの社会人と会うことです。

社会人の方から働いてみたリアルとかネットには書いていない裏話を聞くことは、今20卒の就活生にとって非常に有意義です。

そして、社会人からリアルで聞いた話は、他の就活生が持っていない情報ですので、周りと差を付けることもできます。

20卒就活生の社会人との会い方

サークルやゼミのOB/OGネットワークを活用するものも良いですが、まったく自分と繋がっていない社会人と話すのも非常にためになります。

僕が1番お勧めしているのは「ビズリーチ・キャンパス」というサービスです。

ビズリーチ・キャンパスでは、OB/OG訪問の当てがない人でも社会人と話ができるんですよね。

特に、就活ランキング上位の会社を狙っている人は、たくさんOB/OG訪問をした方が良いです。

三井物産とか伊藤忠、JICAなど優良企業のOB/OGが多いので、就活をする上での参考になる話が多く聞けます。

20卒就活でも早くに内定を獲得できるのは、早く動いた人なんですよね。

早め早めに動きだして、良い企業から内定を勝ち取りましょう!

ではでは

_

スポンサーリンク
スポンサーリンク