ドコモからMVNOへ転出するときにすべき3つのこと

こんにちは!

ついにドコモから脱出しましたので、MVNOに変えた時にすべきことをまとめていきます。

ドコモからMVNOにMNPって?

MVNOとは

MVNOとは、”Mobile Virtual Network Operator”(仮想移動体通信事業者)の略です。

このMVNOが販売するSIMが格安SIMと呼ばれるものです。

理由は大手キャリアより、ずっと安いからですね。

ドコモやソフトバンクなどの大手キャリアは、MNOと呼ばれます。MNOは、”Mobile Network Operator”(移動体通信業者)の略です。

MVNOという携帯会社は、大手キャリアであるMNOの通信回線を借りてサービスを提供している、というのが実情です。

そのため、大手キャリアと変わらない通信が格安で可能なのがMVNOということになります。

ドコモからMNPするとは

MNPとは、”Mobile Number Portability”の略です。

つまり、ドコモからMNPするとは、ドコモから携帯の電話番号を維持しつつ、ほかの携帯会社に乗り換える(転出する)という意味です。

これはドコモだけでなく、ソフトバンクやauでも同じことができます。

携帯の電話番号は変えたくないけど、価格は下げたいから格安SIMにしようかな…という人はMNPすることになります。

ドコモからMVNOにMNPするときにすべき3つのこと

1. ドコモメールで登録済みのもののアドレス変更

ドコモからMVNOに転出する場合、“~@docomo.ne.jp”というメールアドレスは使えなくなります。

そのため、サイトの登録なとにドコモメールを利用している場合は、gmailなどのアドレスに変更しましょう。

ドコモメールのメールボックスに来ているもので重要なものだけ変更すれば良いでしょう。

ドコモのメールボックスさえ消えるので注意

この時、ドコモのメールボックスは残るのかなと思っていたら、格安SIMを使えるように設定している際にドコモのメールボックスも消えました。

MNPの手続きをしてすぐに消えるわけではありませんが、大事なメールは転送しておく等、対策を取りましょう。

2. dポイントを使い切る

ドコモからMVNOに転出すると、dポイントも使えなくなります。

自分のdポイントが何ポイントあるか確かめて、使い切りましょう。

最速でdポイントを使い切る方法

dポイントの使い方は簡単で、近くのローソンやドコモショップでdポイントカードを入手します。無料です。

そのカード裏面のQRコードを読み取って、登録するだけです。約1分で終わります。

その後、ローソンやマクドナルドなどで利用します。登録が終われば即時反映なので、すぐにdポイントで支払いができます。

もしdポイントが沢山溜まっていたら、dポイントクラブで計画的に使い切りましょう。

3. ドコモショップを予約する

ドコモショップは休日に行くと、かなり並ぶので、予め来店予約をしておきましょう。

混み具合にもよると思いますが、だいたい予約時間から10分前後で呼ばれることが多いようです。

ドコモショップで晴れて解約

さて、ここまで来たら後は転出するだけです。当日行ったら、MNP番号をもらいましょう。

ここでMNP番号をもらった時点では解約にならず、MVNO側でMNPをして初めて解約になります。

MNP番号は発行から2週間しか使えないので、2週間以内に手続きをしましょう。

解約の際にドコモ店員に言われたこと

解約の際に店員に「お客様の状態だと、抜けない方がお得ですよ」「解約金がかかります」「大きな請求金額になります」と言われました。

「大きな請求金額っていくらですか」と訊くと、「約3,000円くらい」や「月々サポートがなくなるくらい」等の回答はしてくれます。

ドコモショップは良い店員が多いので、僕がたまたま感じの悪い店員に当たっただけだと思いますが、解約の判断は自分で考えてしましょう。

解約の手続きはめんどくさいですけど、いつまでも大きな金額取られるのは損です。

抜けたいと思っている方は、早めにやりましょうね!

別途記事にしますが、僕は通信速度などを考えて、UQモバイルに変更しました。

毎月の金額が約5,000円安くなって、年間60,000円もお得になりました!

ではでは!

_

スポンサーリンク
スポンサーリンク