インベスターZ(16)を読んで保険には入らない方がお得か考えた【書評】

こんにちは!

今日は僕のオススメであるインベスターzについて書いていきます。

インベスターZとは

インベスターZとは、三田紀房さんが書いている「投資」についての漫画です。

主人公の高校生、財前孝史くんが「投資部」という部活に入り、「投資とは何か」や「世の中のお金の流れ」について学んでいくというお話です。

高校生がモデルになっているだけあって、漫画の中で用いられている言葉は分かりやすいものが多いです。

専門用語とかが分からなくても、簡単に「投資」や「世の中のお金の流れ」について理解ができます!

インベスターZのオススメポイント!

このインベスターZという漫画のオススメポイントは、

・漫画である上に、専門用語が少なくて分かりやすい点
・ストーリー性があるので専門書よりも飽きにくい点
・毎回、特定のジャンルを解説してくれる点

です。

今回、2017年1月23日に発売された『インベスターZ(16)』は、保険について分かりやすく解説してくれています!

「なんとなく保険に入っている人」や「保険がよく分からないという人」は必見です。

インベスターZ(16):保険の仕組みについて

保険に騙されていない?

「日本人の2人に1人はガンになる」「お父さんが亡くなった場合..」という切り口で、保険に入ることをオススメされることが多いと思います。

「保険はよく分からないけど、皆入っているから…」という人こそ、保険の良いカモになっている危険性があります!

実際に「日本人の2人に1人はガンになる」という情報は間違いではないのですが、この統計データには裏があります。

生涯において「ガンになる確率」と、年齢別で「ガンになる確率」は両方見なくてはなりません。

だって、ガンになる確率だけでなくても、「あなたが死ぬ確率」っていうのも、将来死ぬのは100%かもしれませんが、年齢別に見たら若い時ほど低かったりしません?

ガンになる確率もそれと同じですよ!っていう話で、「統計データを言い換えたセールスコピー」に騙されないで!

という話が書いてあります。

保険には入らない方がお得か

「保険は『貯蓄です』」「保険は『貯金』です」と言われることが多いらしいですが、

実際に、毎月3,000円貯金していく場合と、毎月3,000円の保険料を支払っていく場合だと、いつか貯蓄していた方が大きくなることもあります。

こういう計算をしていないと、保険金が捨て金になってしまいます。

試算では、お客様に死亡保険金や入院給付金として還元されるお金の割合は、70~30%程度のものが多い。(インベスターZ(16)巻末より)

…….これ、驚愕の事実ですよね?笑

いや、保険会社は儲かってるとは思う、思ってる。

だって保険会社に勤めている人、良いお給料もらってるし、良いとこに会社あるもん!笑

でも、こんなに還元率って低いの???

競馬ですら75%ですよ!!!!!笑

保険は正しく使えば、メリットがあることも多いです。

でも、もし何も分からずに保険を利用しているなら、ちょっと考えるきっかけとして、インベスターZ(16)を読んでみるのも良いと思います。

インベスターZで投資やお金を学ぼう!

インベスターZは、さっきも書きましたが、

・漫画である上に、専門用語が少なくて分かりやすい点
・ストーリー性があるので専門書よりも飽きにくい点
・毎回、特定のジャンルを解説してくれる点

が本当に素晴らしいです!

僕も1年前から読み始めたのですが、今や全巻持っています(もう終わっちゃったけど)

「日本人はお金の教育がされていない」と言われています。

この機会に、ぜひ!インベスターZ(16) という漫画を読んでマネーリテラシーを身につけましょう!

ではでは!

_

スポンサーリンク
スポンサーリンク