山崎元著『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください』は貯金信者が必読の書

こんにちは!

今回は、この社会で大切な「お金」の話を書いていきます。

本屋によく置いてある、山崎元さんの著書『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください』を読んだので紹介したいと思います!

お金があればできることは増える

皆さんは、お金を増やしたくはありませんか。増やせるなら増やしたいですよね。

お金があれば…

・バッグやアクセサリーなど欲しいものが買える
・病気になったら…という将来の不安が軽くなる
・たくさん旅行に行ける
・いつもお世話になっている人々にお礼ができる

などなど、たくさんできることは増えるはずです。

お金が無くても幸せに生きる方法はあると思うので、お金と幸せは直接的には結びつかないかもしれません。

でも、お金を払うことによって、良いサービスが受けられるんだとしたら、間接的には幸福度は上がるかもしれませんね。

お金って一体なんだ?

「お金を増やそう!」とする前に、お金って一体なんだか考えたことはありますか。

人によって定義は様々ですが、お金は「信用を見える化したもの」だとよく言われています。

例えば、匿名のTwitterアカウントにフォロワーが多くなるのは、その人のツイート等が信用できるからですよね。

ネットビジネスで儲かる!的な怪しい人には、本当のフォロワーはつきません。信用が低いので。

例えば、クラウドファンディングでお金が集まるのは、信用が可視化されやすい人です。

キングコングの西野さんがこの本でも言っていましたが、これからは信用さえあればお金を集められる時代になります。

信用とは?信用の作り方は?が気になる人は西野さんの本がオススメです!

一方で、お金ってそもそも何だっけ?とか、経済について興味がある人はこの本をどうぞ!

難しいことはわからない人のためのお金の増やし方

さて本題に戻して、山崎元さんの著書『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください』では、お金を安全に少し増やす方法を教えています。

仮想通貨で爆上げ!暴落!とかではなく、少しずつ安定して増やしていくのが「国債」や「投資信託」です。

具体的な説明は、この本を読んでいただければ分かりますが、

「安全にとっておきたい資産」=「減らないけど増えない」
「少し減っても良い資産」=「減るかもしれないし増えるかもしれない」

という、リスクを取った分だけ、良い方向にも悪い方向にも振れ幅があります。

この振れ幅のことを還元率と言います。

これが、

・競馬だと75%の還元率 → 100万円投資して、75万円返ってくる
・宝くじだと45%の還元率 → 100万円投資して、45万円返ってくる

でも、この国債や投資信託の投資方法だと還元率は平均して105%くらい

つまり、100万円投資して105万円くらい返ってくるということで、増える可能性が比較的高いよ!ということが書いてあります。

また、これからどんどん加速するだろう制度「NISA」や「確定拠出年金」についても、全く知識がなくても理解できるように書かれています。

保険には入らなくて良い

この本で、最も痛快だったのが、保険には入らなくて良いよというお話でした。

保険って賭けですよね。病気になるかもしれないしならないかもしれない。

病気なった時に備えて、保険に入ろう!というのは、病気になったらどうしよう…という不安に漬け込んだビジネスです。

だって、保険は保険会社が儲かるようにできているんですから。

あれだけ売上あげてたら分かりますよね!保険の人って良さそうな服着てません?

あれは保険に入っている人のお金の一部が使われているのです。

それを改めて考えると、「僕らが払っている料金<保険会社が払う料金」となっている事実が見えてきます。

そうすると、「保険料を払っていると思って、貯金していた方が良い!」ということになります。

こういうことが分かりやすく書いてあります!

お金は大事

お金は大事です。でも、日本では「お金に関する教育」「マネーリテラシー」は皆無ですよね。

大学生でもお金の勉強には早すぎることはないですし、社会人は尚更早くお金の知識を身につけましょう!

この本は「投資」について全く知らない人が読む、最初の1冊としては非常にオススメです!

ではでは!

_

スポンサーリンク
スポンサーリンク