後悔しない大学生活の過ごし方と3つのすべきこと

こんにちは!

今日は「後悔しない大学生活の過ごし方と3つのすべきこと」を書いていきます

これから大学生になる人、現役大学生はぜひ参考にしてください!

大学時代はこれまでと違った教育になる

座っている=参加している小中高時代

まず大学生が認識した方が良いと思うのは「大学時代はこれまでと違った教育になる」ということです

どういうことか説明しますね

大学生になるまでの小学校・中学校・高校の生活は「受動的な教育」でした

学校に行って座っていれば、自動的に授業が始まり、

授業中に当てられたり、宿題が出されたりして授業が終わります

これらは「座っている=参加している」状態であることで「自分で何かを考えて発信する」必要がないんです

座っている≠参加している大学時代

大学時代では「授業時間に座っているだけでは参加していることにはなりません」

いや正確には、出席票が配られて、それに記入したら出席扱いなので参加してはいるんですけどね笑

大学で求められているのは「座って話を聞くこと」ではなく「自ら考えて行動すること」です

今の大学生は、授業中にスマホをいじっていたり、高校生のときよりも遥かに勉強をしなくなっています

大学時代では、誰かに何かを強制されることを求めることは難しく、自分で考えて自分で自分を律しなくてはいけません

いつまでも受け身の姿勢で居ると、あっという間に大学生活は終わってしまいます

まずは、今までの「受動の姿勢」を意識的に改善するようにしましょう

後悔しない大学生活の過ごし方

大学生活ですべき3つのこと

では、受動の意識を改善しようとしたとして、何をすれば良いのかが分からないと思います

そこで、僕がオススメする大学時代にすべきことを2つのジャンルに分けて3つずつ書いていきます!

そのジャンルとは「勉強」と「経験」です!

今日書くのは勉強編です!

 大学生活にすべきこと〜勉強編

1. 本を読もう

はい、ありきたりかもしれませんが、大学生こそ本を読みましょう!

本は、著者の経験や知識が体系的にまとまっています

そのため、先人が書いた本から多くを吸収するようにしましょう

「さぁ、本を読み始めよう!」と思っても、何を読めば良いのかなど困ると思うので
まずは「自分の興味のある本」から読むようにしましょう!

というのも、読書習慣がない状態で、最初から小難しい本を読んでも続かないことが多いからです

まずは、本を読む習慣をつけるためにも、好きな本から読むようにすることが大切です!

そのときには、是非Kindleや、Amazon Studentを活用してみてください!

漫画でも良いので「投資」とか、世の中のことを学んでみるのも良いですよ!

2. 資格を取ろう

大学生活で「僕はこれを勉強しました」という証明になるようなものは、正直、あまりありません

就活においても、自分の成績をアピールする機会は少ないと思います

そこで自分の将来に役立つような資格を持っていると、他の人と違って多少勉強していることが伝わります!

具体的には、TOEICや簿記、難しいものだと会計士などの資格を勉強すると良いと思います

3.  スキルを身につけよう

これからは「個」での仕事が多くなる時代と言われています

会社の終身雇用は崩れていき、スキルのある個人に仕事が来るようになります

そのため、大学生の時間のあるうちに、自分のスキルを磨いておくのは非常に有意義です!

例えば、プログラミングとかも良いですよね

他には、自分でブログを初めてみるのも良いと思います!

僕もしていましたが、長期インターンなどもオススメです!

活きたスキルを身につけられる大学生活だと良いですね!

大学生活にすべきこと〜勉強編

これまで、勉強にフォーカスして書いていきました!

明日は、長期インターンの話の深堀りや「経験編」を書きます

是非、学ぶことはしっかり学んで、有意義な大学生活にしてくださいね!

ではでは!

_

スポンサーリンク
スポンサーリンク