本当によく使うExcelのショートカット(Ctrl編)30個をご紹介!

こんにちは、とん(@tonton__31)です。

みなさんは仕事上でExcelを使うことはありますか?

『Excelは苦手』という人も多いかもしれません。

そんな今回は、知っておくと便利なExcelショートカットキーをCtrl系30個に絞って、ご紹介します。

1日1つ覚えるようにすると、約1ヶ月〜1.5ヶ月で一気にExcelが早くなりますよ!

早速見ていきましょう。

Excelショートカット(Ctrl編)

1.『Ctrl + A』

これは、Excelのシート全体や表全体を選択するショートカットです。基本中の基本ですね。

2.『Ctrl + B』

これは、Excelで選択しているセルの中身を太字にするショートカットです。

3.『Ctrl + C』

これは、誰もがよく使いますね。選択しているセルをコピーします。

4.『Ctrl + D』

これは、上のセルにあるのと同じ値を下のセルに入力します。

5.『Ctrl + F』

これは、ファイル内での検索ボックスを表示します。

検索したい単語があるときは、これが便利ですね。

6.『Ctrl + H』

これは、ファイル内での置換ボックスを表示します。

一気に置換したい単語があるときは、これが便利ですね。

7.『Ctrl + N』

これは、新しいブックを作成するときに使用します。

8.『Ctrl + O』

これは、ファイルを開くときに使用します。

9.『Ctrl + P』

これは、印刷したいときに使用します。

10.『Ctrl + R』

これは、左のセルにあるのと同じ値を右のセルに入力します。

11.『Ctrl + S』

これは、ファイルの保存をするときに使用します。

Excelに限らず、PowerPointや別のファイルなどでも使いますね。

12.『Ctrl + U』

これは、Excelのセル内のテキストに、アンダーバーをつけたいときに使用します。

Excelの資料でも、ときどき強調でアンダーバーは使うので、覚えておきましょう。

13.『Ctrl + V』

これは、コピーや切り取ったものを貼り付けます。

Excelに限らず、多くのときに使いますね。

14.『Ctrl + W』

これは、今開いているExcelブックを閉じるときに使用します。

Excel自体を終了するのではなく、あくまでも今のExcelブックのみです。

15.『Ctrl + X』

これは、セルの中身を切り取ります。

『Ctrl + V』と組み合わせることで、切り貼りが可能になります。

16.『Ctrl + Y』

これは、戻しすぎて、やり直したいときに使用します。

次に紹介する、戻す『Ctrl + Z』の反対です。

17.『Ctrl + Z』

これは、1つ前の操作に戻すときに使用します。

間違えてセルの値を上書きしちゃったときにも、これがあれば解決します。

18.『Ctrl + 1』

これは、セルの書式設定を表示します。

セルの書式設定は、表示形式を変えたり、フォントを変えるときに役立ちます。

19.『Ctrl + ;』

これは、今日の日付を入力するときに使用します。

今日の日付を入力する機会は少ないかもしれませんが、知っておくと便利です。

20.『Ctrl + ↑』

これは、データが入っている一番上のセルまで移動するときに使います。

『→』や『↓』でも同じようなことが可能です。

21.『Ctrl + PageUp』

これは、Excelのブック内で、シートを移動するときに使用します。

シートを替えるときに、いちいちクリックしなくて良いので重宝します。

22.『Ctrl + Shift + +』

これは、挿入のダイアログボックスを表示します。空白セルを挿入するときに便利ですね。

23.『Ctrl + -』

これは、挿入とは逆に、削除ダイアログボックスを表示します。セルを削除するときに便利です。

24.『Ctrl + Space』

これは、列を全部選択するときに使用します。『Shift + Space』で、行全体が選択できます。

25.『Ctrl + Shift + >』

これは、セル内の文字を拡大するときに使用します。
『Ctrl + Shift + <』で文字を小さくすることができます。

26.『Ctrl + 9』

これは、Excelシート内で、選択範囲の行を非表示にするときに使用します。

『Ctrl + 0』で選択範囲の列を非表示にすることができます。

27.『Ctrl + Shift + (』

これは、Excelシート内で、選択範囲の行を再表示にするときに使用します。

『Ctrl + Shift + )』で選択範囲の列を再表示にすることができます。

28.『Ctrl + :』

これは、現在の時刻を入力するときに使用します。

今の時刻を入力する機会は少ないかもしれませんが、知っておくと便利です。

Excelのショートカットを使いこなそう

Excel作業は、ショートカットで早くなります。

ぜひ、1日1つでも覚えて、使えるようにしてくださいね。

また、ショートカットを覚えるには、実際に使ってみるしかないです。

そのため、日々の仕事の中でも『これってショートカットなかったっけ?』と考えるようにしてください。

その一手間で、仕事のスピードは徐々に早くなっていきますよ!

ではでは!

_

スポンサーリンク
スポンサーリンク