3か月で人生は変わるは本当?元Google・freeeを起業した佐々木大輔さんに学ぼう

こんにちは。

今日は面白い本を紹介します。

それは『「3か月」の使い方で人生は変わる』という本です。

「3ヶ月で何が変わるんだ」って普通思うはずなのですが、3ヶ月で自分の人生に変化をもたらすことができるなと感じた本でした。

引用部分は、本書からの引用になります。

ではさっそく見ていきましょう。

3ヶ月で人生は変わる?

まず、3ヶ月で人生を変えようと思わなかったら、何も変わるわけがありません。

意志なきところに道はないですからね。

でも実際、3ヶ月で変わるのかなと半信半疑で本を読んだのですが、これなら変われるなという確信がありました。

特に、佐々木大輔さんは以下のように書かれています。

考え方や成功体験など、人生の転機という発想で見れば、「3か月」という時間の単位で何か手ごたえを得ることは可能

この3ヶ月を人生の転機にしよう、そう考えて何かに取り組むことが大切ですね。

3ヶ月間のテーマを決めよう

では、何に取り組めば良いのか。

それに対するヒントも、この本には書いてあります。

誰かが本気で取り組んだことのないニッチなテーマに、あえて3か月注力してみる

ここがミソなんですね。

3ヶ月である程度の成果を出さないと、自分でも何かができたという実感を得るのは難しいと思います。

そこで大切なのが、何のテーマを選ぶかという部分ですね。

このテーマ選びでニッチなもの(ある意味人気の薄いもの)を選ぶ方が、結果は出やすくなります。

結果を出す=他人よりそのテーマで熟練する(詳しくなる)ということだと思うので、参加者が少ない方がいいんですね。

例えば、日本でサッカー選手になるのと、馬術の選手になるのだと、どっちが楽でしょうか。

それは競技人口の少ない馬術の方が楽そうですよね。競争が少ない分、結果が出しやすいとも言えるでしょう。

そして佐々木さんがfreeeの下地になるようなものを作っていたときも、バック業務の効率化(特にクラウド会計ソフト)って誰もやってないテーマだったんですね。

個人的には、このクラウド会計に取り組む面白さが分からなかったのですが、本書には以下のように書いてありました。

その課題自体にとくに面白みはないように感じても、課題を解決したもっと先にある何かに目を向け、その先にどんな意味や意義があるのかを考えてみる

課題の先にある実現したい未来を考えると良いんですね。

そして本書には、そのニッチなテーマの探し方も書いてあります。

誰かに与えられたものではなく、自分で見つけた小さな気づきから、ワクワクは生まれるもの

世の中のごくかぎられた人しかもっていないような課題や、みんなが注目していないようなこと、やりたがらない分野は、そこに投資がなされていないし、あまり開発もされていない。つまり、穴場だと言える

3ヶ月のゴールを決めよう

テーマが決まったら、次に決めなくてはいけないのはゴール(目標)ですよね。

ゴール(目標)を設定するときは、「売上100万円(達成目標)」ではなく、その一歩手前の「クライアントへの訪問件数20件(行動目標)」というふうに、「自分がやるべきこと」に的を絞ったものにする必要がある

これは非常に大切で、自分のコントロールできる範疇を超えた目標にしない方が良いということです。

売上を目標にすると、どれだけ自分が頑張ったとしてもゴールが達成できない可能性がありますからね。

自分で決めた取り組みに関しては、自分で結果もコントロールできるものにしましょう。

3ヶ月のゴールまでに人を巻き込む場合

このゴールまでの過程で、もし人を巻き込む必要があるのであれば、ストーリーテラーになりましょう。

「これに取り組むと、世の中がこんなに面白く変わる」というストーリーを持つことで、周りの人が共感しやすくなります。

このストーリーに人は動かされるので、自分オリジナルのストーリーを考えるようにしましょう。

3ヶ月間アウトプットし続けよう

本書には、実際に3ヶ月間の取り組みを進めていく上での「障壁の取り除き方」や「生産性の高め方」なども書いてあります。

そして最後に、最も重要なことが書かれています。

それは、

いくら素晴らしい理想を語っていても、どれだけいいアイデアやストーリーをもっていても、結果的にアウトプットしなければ「絵に描いた餅」なので意味がない

ということです。

ホリエモンも言っていることですが「アイデア自体に価値はない」ということですね。

3ヶ月間という期間を区切って何かに取り組むことで、人生が好転するかもしれません。

ぜひ本書を読み、アウトプットを意識しつつ、取り組んでみてくださいね!

ではでは!

スポンサーリンク
スポンサーリンク