Airpods Proは不要だと思ったのに買ったら世界が変わった【レビュー】

今日は、Airpods Proのレビューを書いていきます。

僕が普段使っているBluetoothイヤホンは、このJabraだったのですが、皆が良いと言うので半信半疑でAirpods Proを買ったんですね。

実際に使ってみると恐ろしいくらいAirpods Pro中毒になってしまいました。

もう、普通のイヤホンには戻れません。

「サヨナラ、Jabra」(言い過ぎ)

補足

品薄状態の続いていたAirpods Proですが、今はApple公式でもAmazonでも購入可能になっています。

スポンサーリンク

Airpods Proの基本スペック

 

商品詳細
ブランド Apple
サイズ 高さ:45.2 mm
幅:60.6 mm
厚さ:21.7 mm
重量 45.6 g
耐水機能 IPX4
※雨や汗などの液体の飛沫程度であれば耐久可能

Airpods Proのレビュー

今回、名前を入れることでオリジナリティを追及しました。

 

1.Airpods Proはノイズキャンセリングの没入感が異常

Airpods Proには通常の「オフモード」以外に「ノイズキャンセリングモード」と「外部音取り込みモード」があります。

「オフモード」以外の2つのモードは、上の赤矢印ボタンを長押しするだけで、3秒で切り替えることができます。

この「ノイズキャンセリングモード」を使用した際の遮音性が素晴らしいです。本当に周りの音が小さくなり、自分が別世界に入ったような感覚になります。

普段日常で使うと危ない気もするので、僕は作業をするときやジムで集中するときに「ノイズキャンセリングモード」を使用しています。

この作業時に「ノイズキャンセリングモード」にすることが、自分の中で1つのスイッチになっており、集中をONにできます。

2.Airpods Proは充電も優秀

(参照:Apple 公式

Airpods Proは、電池の持ちが4.5時間となっています。(Jabraは、5時間)

電池の持ちがすごく長いというわけではないのですが、すごいのは、5分の充電で得られる再生時間が約1時間なのです。

そのため、ちょっとしたときに充電ケースに入れておくことで、ずっとイヤホンを使うことができます。

また、イヤホンケースで充電されるので、何回かイヤホンケースに入れるだけで、24時間以上の再生が可能です。

3.Airpods Proのオーディオの共有が素晴らしい

昔、高校生がイヤホンを片方ずつ付けているのを電車で見たことがありますよね。

もちろん、これはこれで可愛らしいのですが、Airpods Proを使えばオーディオのシェアが可能なので、複数のAirpods Proで同じ音楽を再生できます。

そうすると、カップルでランニングをしているときや、一緒にジムでワークアウトをしているとき、色々なときに同じ音楽を聴くことができます。

特にいいなと思った使用例は、電車で一緒に移動している時に、同じ動画や映画を見られること。新幹線の中や飛行機の中で、iPadとかがあれば、全く同じように映画が楽しめるのは魅力的です。

接続も簡単であるため、煩雑なBluetooth接続も必要ありません。

こう考えると、カップルで一緒に買うのも良いですね!

スポンサーリンク

Airpods Proが在宅ワークを快適にしてくれた

日本でも在宅ワークがどんどん広がる中で、Airpods Proを活用する人は増えてくると思います。

在宅勤務中に宅配便が来てもイヤホンをつけたまま受け取れるので問題ないし、料理をするときも、ランニングしたり筋トレをするときも一緒。

Airpods Proは、在宅勤務の強い味方です。

すぐ欲しい方は、Amazonで買うのがオススメで、刻印をしたい方はApple公式で買うことをお勧めします!

進化したAirpods Proをぜひ活用してみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク