学歴が不要なんて大嘘だからね

こんにちは。今日は皆大好き「学歴」のお話です。

今の時代になっても「学歴コンプ」とかが蔓延っており、みんな大学のランクとかすごい気にするな~と思うわけです。

その一方で、「社会に出たら学歴なんて関係ない!」とも言われます。

さて、実際どうなのか、本当に学歴は必要なのか考えていきましょう。

「社会で学歴は不要」の​実態

はい、まずはこれ。社会で学歴が必要か否かのお話。

「社会に出たら学歴なんて関係ない!」と言う人が居ますよね、これは本当に正しいと思います。

就活までは「東京大学卒」とかが重要視されますが、会社に入ってからは仕事ができるかできないか、ただそれだけが重視されます。

これは往々にして「事実」です。

もし、仕事ができるか否かより、学歴を重視する会社があったら、その会社には未来がないので今すぐ辞めましょう笑

就職活動で学歴が必要なワケ

では、なぜ就職活動では学歴が必要なのかというと、それは企業は優秀な人を採用したいからです。

多くの学生が一気に就活する日本の就活において、有名企業や人気企業には数多くの応募が集まってきますよね。

でも、何百人を一人ひとり面接をして話すわけにも、全員に多種多様な面接を受けさせるわけにもいきません。

そこで「会社で将来活躍できる人材か」の判断基準の1つとして「学歴」という評価軸が導入されます。

これは概ね正しそうですよね。

というのも、無名のクソ大学の学生を10人採用するよりも、東大卒の学生を10人採用した方が、会社の業績が良さそう、そういうお話です。

企業が自社に良い人材を採用する確率を上げるために、「学歴」というのが活用されているのです。

では、就活さえ何らかの方法で上手くいけば、人生において、学歴は必要ないのでしょうか。そこが僕がこれから書きたい事です。

学歴が絶対に必要な3つの理由

僕は、人生において学歴は超重要だと思います。

というか、何も才能のない普通の人が、そこそこ日本社会で活躍するためには学歴は必要不可欠だと思います。

その理由は3つあるかな、と思います。

1. 大学の友達の「質」が違うから

学歴で大切なのは、卒業した証だけではありません。卒業するまでの過程も大事です。

具体的には、どういう友人を持ったかが非常に重要になります。

例えば、転職先を探すときにも、良い会社に勤めている友人が多いほうが良いでしょうし、起業したり自分で何かするときに助けてもらうのも優秀な人・影響力の強い人が良いでしょう。

このとき、無名な大学では”社会で活躍している人が少ない”です。

どちらかと言えば、有名大学の学生の方が就活は上手くいくので、大学時代の友達が、社会の第一線で活躍している事が多いでしょう。

先行きの見えない将来、心強い友達を持つことは絶対に必要です。

この友達の質という面で、無名大学と有名大学は違います。

2. お金が稼げず、貧富の差が拡大していくから

現代においても、学歴社会は依然として残っているんですよね。

だって、採用する人達(おじさん)が学歴社会を生きてきた人達ですから、「学歴に価値がある!」という価値観はなかなか消えません。

その学歴がなくて稼げない日本の貧困層が親になり、子供にもきちんとした教育を受けさせず、子供が勉強しなくなるという悪循環もあります。

きちんとした大学に入らないと、今勉強しなかった本人だけでなく、将来的に子供まで不幸にする可能性があるのです。(当然これは日本の教育の課題でもあります)

これについては、学歴がなくてもお金が稼げて、「子供に教育をしっかり受けさせよう」と考えている人は例外です。そうでない人も往々にしているので。

3. 学歴は簡単に手に入るから

学歴は容易に手に入ります。決められたルールで成果を出すだけですよね。

受験勉強なんて、すでにある答えにたどり着くだけのゲームなので、正解の分からないビジネスよりはるかに簡単です。

こんなクソゲーム、負けないでくださいと思うわけです。(僕は1回負けたw)

従来の日本の生き方のように、普通にサラリーマンやって生きていくなら、学歴はコスパの良い資格と言えるでしょう。

学歴が不要という嘘

僕は先ほど「『社会に出たら学歴なんて関係ない!』と言う人が居ますよね、これは本当に正しいと思います。

就活までは『東京大学卒』とかが重要視されますが、会社に入ってからは仕事ができるかできないか、ただそれだけが重視されます。」と書きました。

何度でも言いますが、これは事実です。

でも、その一方で、多くの人は大して仕事ができないということも書いておきます。

「学歴は不要!学歴がなくても仕事ができれば良いんでしょ!」と堂々と学歴不要論を主張する人の大半が、学歴もなくて仕事もできない人です。笑

じゃあ、なぜこのように言われるのかというと、学歴がなくても成功した人が一定数いるからです。

日本だと、堀江貴文さん、メタップスの佐藤航陽さん。

世界だと、スティーブ・ジョブズも、マーク・ザッカーバーグもそうですよね。

そういう学歴なくても上手くいくスーパーマンの話が多く語られることで、学歴なくてもイケるんじゃね?という発想が出回ることになりました。

学歴は必要だよ

はい、学歴が必要だということ、分かっていただけましたか。

さらに補足しておくと、学歴なんていらない!と言っている人には2パターンいます。

1つ目は、勉強するのが嫌いで学歴不要論に乗っかりたい人。

こういう人は、自分が特別な存在だと勘違いしているので、学歴がなくても仕事ができれば平気!って言えちゃうんですね。

実際、学歴さえない人が、学歴を普通に持っている人よりも仕事ができる可能性の方が少ないと思うんですけどね。

受験勉強は存在している正解にたどり着くゲーム、ビジネスは存在するか分からない正解にたどり着くゲームなので、ビジネスの方が難しい。

どうやら、そういうことは分からないようです。

2つ目は、学歴を持っていて成功している人です。

「学歴なんて関係ないよ」と言っていれば、多くの人が学歴を重要視しなくなり、自分の学歴が強みに変わります。

多くの人が当然のように持っていたら差別化にはならないですからね。

できる限り、周りが落ちていってくれた方が楽なんですよ、はっきり言って。

このように、誰が主語かによって、ひとえに学歴は不要と言っても様々な側面があります。ご注意ください。笑

何もないなら勉強しよう

高校生、仮面浪人している大学生は、本当に今勉強しましょう。

必死になって学歴を勝ち取りましょう。学歴は持っていない人には分からないくらい、武器になります。

これから先の時代、学歴の価値は薄まるかもしれません。

でも「学歴の価値が薄まるから勉強しない」というのは、いま楽をするための言い訳ですよね。

もし学歴不要論を信じて勉強しないなら、学歴を得るのと同じくらいかそれ以上、好きなことにハマって突き抜けることが必要です。

そういう生き方もできると思います。一部の人は。

もし、そうでない人、まだ自分の強みに気づいていない人は、学歴不要論は無視して、学歴を勝ち取ってください!

ではでは!
_

スポンサーリンク
スポンサーリンク