長岡秀貴『時間という財産(TED)』を見て、人生を2回生きよう

こんにちは!

僕は個人的に、めちゃめちゃ時間に拘っていて、お金よりも時間が大事だって本気で思ってるんですね。

この「時間が大切」とか「限られた時間を有効活用する」っていう発想をくれたのが、数年前のある「TEDx Saku」なんです。

今日はそのTEDトーク、長岡秀貴さんの『時間という財産(TED)』について書いていきます。

このスピーチは、忙しい社会人は絶対に見た方が良い動画です!

これを意識して生きるだけで、人生が2倍になりますよ!

時間という財産(TED)の要点

夢が叶えられないのは、時間が原因?

このスピーカーは、NPO法人:侍学園スクオーラ・今人の理事長をされている、長岡秀貴さんという方です。

この方は、元々高校の教員をやっていたのに、やりたいことがあったから独立して、無職の状態で結婚し起業しました。

ショットバーを始めた初日の残金は、たった725円。

すごい色々なことをしている人ですが、端的に言うと、自分のやりたいことに突き進んで生きている人です。

まず動画の冒頭では、多くの人が叶えたい夢を持っていますよね?という確認から始まります。

そして多くの人が、自分のやりたいことをやって生きるというところに、あまり向き合わないそうです。

すごく難しいことを考えているだけなのだとか。

多くの人に、どのような諦めの理論があるかというと、

  • お金がない。
  • 経験がない。
  • 学歴がない。
  • 才能がない。
  • コネクションがない。

そして、最もよく言われるのが「時間がない。」という理由です。なんと学生からも「時間がない」という声が上がるのだとか。

では、何かを諦めなくてはいけないのは、時間が原因なのでしょうか。

人生を2回生きる?24時間分割意識生活

時間は、年齢や性別、国籍や人種すべてひっくるめて地球上の全員に、「平等」に与えられるものです。

そこで、長岡さんは、この24時間の使い方に着目しました。

例えば、この会場にお集まりのみなさんにも平等に、僕らには24時間あるんですね、そして日本人ですから、学齢期を過ぎたらやらなきゃいけないこと、学生時代にやらなきゃいけないことがまずあります。

本分として、8時間の労働は、これはある意味やらないといけないですね。働かないんだったら、勉強する時間が8時間あります。そして生きていくためには必要な、6時間の睡眠時間。

ご飯も食べないといけませんので、ご飯食べてお風呂入ってサニタリーなんかをして、これを3時間とします。働いて、寝て、ご飯食べて、ってやればだいたい1日のことが終わりますよね。

(引用:ログミー

こうやって、生きるために必要な、普通の人の時間の使い方を定義しました。

だいたい、この時間配分で生きていけますよね。

はい、ここでみなさんに質問です。

8+6+3は? これはバカにしているわけではございません。僕にもできる計算だという話です。

実は、もう7時間余っているんですね。ここに着目をしました。食べていけなかったらば、食べるための仕事はこの8時間でやりましょうと。

しかし、そうではない、もしかしたらお金にならない非営利の活動は、この7時間に費やそうと。こうやったとしても、僕は6時間ちゃんと睡眠をし、そして家族と3食の食事をし、お風呂にも入れるんです。

そして、家族を養うだけの「ライスワーク」もこの8時間でしっかりやる。同時にそれ以上のことをしたかったら、この7時間に着目さえすれば、諦めの理論は全て解消されるんだって僕の中では考えています。そしてこの7時間を見つけた人間が、実は2回人生を送ることができるんです。

(引用:ログミー )

「この7時間に着目をして生きましょう」というのが、長岡さんのスピーチの趣旨になります。

改めて整理すると、

  • 1つ目は自分たちの生活を守っていくためのライスワーク
  • もう1つが、自分の夢を叶えたり、人のために時間を使っていくような生き方というライクワーク

このダブルワークを実践しましょう、ということですね。

この後者、自分のやりたいことに本当に時間が支えている人はどれだけいるんでしょうか。

あなたは何に時間を使っていますか?

この動画を参考にして、自分の24時間の使い方を改めて見てみましょう。

すると、財産である時間の無駄遣いが多いことがわかります。

人生を有意義に過ごすためにも、自分は何に時間を奪われているのかを考えてみましょう。

そして、本当にやりたいことをやるためには、例えばスマホやネットから時間を取り戻して、自分と向き合うことも必要かもしれません。

人生の目的はただ1つ

人それぞれ、人生の目標は違います。やりたいことも違うでしょう。

でも、人生の目的は共通です。それは

幸せに生きること

この目的を忘れないようにしましょう。

そして、同じ24時間の時間でも、使い方によって幸福度や充実度は変わります。

一度きりの人生を幸せに生きるためにも、時間の使い方を見直してみましょう!

気になった方は、ぜひ1度、TEDを見てくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク