プログラミングのおすすめの資格5選!費用も合わせて紹介

Aさん
エンジニアを目指そうと思っているけど、どの資格が良いんだろう…

こんな風に考えている人もいるのではないでしょうか。

プログラミング関連の資格と一言に言っても、さまざまな資格があります。どの資格が自分に適しているのか、取得の難易度事前に知っておくことが大切です。

この記事では、プログラミング関連の資格を取得するメリットや、おすすめのプログラミング関連資格と費用を紹介します。

これからエンジニアの就職や転職を考えている人は、参考にしてください。

スポンサーリンク

プログラミング関連の資格を取る3つのメリット

エンジニアには資格がなくてもなれます。

プログラミング関連の資格と取るとさまざまなメリットがありますが、仕事によって使用言語や書き方、知識が異なります。

そのため、ただ資格があれば信用されるというわけではありません。しかし、資格を取ることで就職や転職の際に恩恵を受けられる場合もあります。

ここでは、具体的な資格を紹介する前に、プログラミング関連の資格を取得する3つのメリットを紹介しますので、取得後のイメージを膨らませてみてください。

1.自分のレベルが把握できる

独学でプログラミングを学習していると、自分のレベルが客観的に分かりにくいのがデメリットです。

しかし、資格を取得することで、「実務で使えるレベルなのか」「今のレベルでできること」などが分かります。

そのような人には自分のレベルを把握するために、資格を取ることをおすすめします。

2.スキルを客観的に証明できる

資格が取ることの一番のメリットは、自分のスキルを客観的に証明できることです。

いくら口でできることを伝えても、客観的な指標がないと説得力が増しませんが、資格を取ればその代わりを果たしてくれます。

就職活動や転職活動の際に、特に未経験の人だと意欲のアピールや本気度を伝えることにも繋がりますので、資格取得を目指して学習に励んでみましょう。

3.体系的にプログラミングの理解を深められる

プログラミングの学習を通して、体系的に理解を深められるメリットがあります。

独学の学習だと、今すぐに使える知識を学習して偏りが出てしまう恐れがあるので、知識にムラが出てしまいます。

しかし、多くのプログラミング関連の資格試験では、基本的なプログラミングスキルが幅広く問われるため、資格取得の学習をする過程で体系的に知識やスキルを身につけられます。

エンジニアを目指す人におすすめのプログラミング関連資格5選

エンジニアを目指す人におすすめのプログラミング関連資格を紹介します。資格を取得して、就職や転職の際にアピールしてみてもいいでしょう。

1.基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、エンジニアになるための登竜門的な資格です。

この資格を取ることで、学習の過程でエンジニアになるのに必要な基本的な知識がスキルが身につきます。そのため、IT資格の中では、最もメジャーな資格と言っても過言でありません。

受験料は5,700円(税込)です。

まずは基本情報技術者試験の取得を目指すのもおすすめです。

2.PHP技術者認定試験

PHP技術者認試験は、一般社団法人PHP技術者機構により実施されている、PHPの知識やスキルを問う民間の認定資格試験のことです。レベルは「初級」「上級/準上級」「認定ウィザード」の3つに分かれて設定されています。

この資格を取ると、会社員であれば転職、フリーランスであればビジネスチャンスを広げるメリットがあります。

受験料は以下の通りです。

  • 初級:12,000円(税抜)
  • 上級/準上級:15,000円(税抜)
  • 認定ウィザード:不明

認定ウィザードの受験料に関しては、PHPを学ぼうと思っている人や、これから仕事で使う予定の人は参考にしてください。

3.Oracle 認定 Java資格

Oracle認定 Java資格は、Oracle社が主催するJavaに関する知識を技能を問う認定資格のことです。こちらの試験は、Javaのバージョンアップに合わせて試験内容も変わります。

「Bronze」「Silver」「Gold」の3つのレベルに分かれた試験があり、知識レベルに合わせて学習を進められるため、スキルアップを図れます。

受験料は以下の通りです。

  • Bronze:13,600円(税抜)
  • Silver:26,600円(税抜)
  • Gold:26,600円(税抜)

この資格を取ると、対外的にtきちんとJavaが使えるということを証明できるメリットがあります。Javaを学ぼうと考えている人は、受験を検討してみてください。

4.Ruby技術者認定試験

Ruby技術者認定試験は、Rubyアソシエーションが実施している資格試験です。試験は「初級」と「上級」の2種類あり、試験に合格するとRubyエンジニアとして技術力があることが公正に評価されます。

今ではRubyを使えるエンジニアの教育や育成、今後のRubyの発展に貢献していることが理由で、多くのエンジニアから注目を集めている言語でもあります。

Ruby技術者認定試験のメリットは、フレームワークを使用できることです。

受験料は以下の通りです。

  • Silver:16,200円(学割適用価格8,100円)
  • Gold:16,200円(学割適用価格8,100円)

Rubyを学んでいる人は、受験を検討してみてください。

5.C言語プログラミング能力認定試験

C言語プログラミング能力認定試験は、C言語を使って応用プログラムを作成する技術やスキルを測る試験です。試験は1級から3級まで3つのレベルに分かれています。

最も低い3級なら初学者でも挑戦できるので、チャレンジしてみるのもいいでしょう。そして、2級以上を取得していると就職や転職の際に有利に働きます。

受験料は以下の通りです。

  • 1級:7,800円(税込)
  • 2級:6,400円(税込)
  • 3級:5,200円(税込)

IT業界では、C言語プログラミング能力認定試験を高く評価しているので、資格取得に挑戦してみる価値があります。

スポンサーリンク

プログラミングのおすすめの資格まとめ

プログラミング関連の資格を取るメリットや、おすすめのプログラミングの資格を紹介してきました。

ただ闇雲に資格を取るのではなく、自分の目的や目標に合わせて適切な資格を選び、学習を始めてみてくださいね。

目的や目標が明確であれば、就職や転職だけでなく、実際にエンジニアになった後も資格取得で培った知識が役立つはずです。

ぜひ、資格取得に向けて学習に励んでみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク